ピオーネと巨峰の違いを徹底比較!


スポンサーリンク

夏になるとスーパーでもよく見かけるぶどう。

口に入れた瞬間、甘酸っぱい果汁が口いっぱいに広がり、プチっと弾ける食感がおいしいぶどうは幅広い世代に人気の果物です。

 

今回はそんなぶどうの品種の中からピオーネと巨峰についてご紹介します。

見た目が似ている2品種ですが、実は項目別に比較するとその違いが明らかになります。

 

今まで違いを何気なくぶどうを買っていたという方は、ぜひこの記事で2品種の違いを学んでみてくださいね。


スポンサーリンク

ピオーネについて

静岡県の井川秀雄氏が巨峰とカノンホール・マスカットを交配して生まれたピオーネは、元々イタリア語で「パイオニア(開拓者)」と名づけられたぶどうでした。

しかし、1973年の品種登録時に同じくイタリア語で開拓者という意味の「ピオーネ」に改名され、今日に至ります。

 

ちなみにジベレリン処理によって種なしに育てたものを「ニューピオーネ」といいますが、現在ではピオーネとして売られているほどんどがこの種なしの「ニューピオーネ」です。

 

巨峰について

石原早生とセンテニアルを両親に持つ巨峰は1942年に静岡県で生まれ、1955年に商標登録されました。

名前の由来は日本一高い山、富士山にちなんで付けられています。

また、この「巨峰」という名前ですが実は商標名で、正式な品種名は「石原センテニアル」です。

 

長年、日本一の生産量を誇っており、全体の約30%を占めるなど根強い人気ぶりで「ぶどうの王様」とも呼ばれています。

 

日本では巨峰をもとに品種改良して生まれた品種がたくさんあり、比較対象のピオーネもこの巨峰を親に持ちます。

ちなみに巨峰も近年では、ジベレリン処理した種なしのものが主流となってきています。

 

ピオーネと巨峰の違いを項目別に徹底比較

ここからはピオーネと巨峰を項目別に比較していきます。

 

ピオーネ巨峰
見た目黒の混じる濃い紫色で果肉は黄緑色、粒は巨峰よりもやや大きい。

皮は固いので、剥いて食べるのが一般的。

別名「黒い真珠」と呼ばれる。

粒は大きめで約10~15g。

黒の混じる濃い紫色で果肉の色は黄緑色。

皮は固く、そのままでは食べられない。

味・食感爽やかな香りと甘みを持つ。

糖度は16度以上にもなるが、酸味もしっかりあるため、バランスが良い。

果肉は締まっていて多汁。

香りが強く、果汁が多めでジューシー。

酸味が少なく、甘みが強い

果肉はしっかりしていて、食べ応えがある。

8月下旬頃~9月下旬頃8月下旬頃~9月下旬頃
産地山梨県、岡山県、長野県山梨県、長野県、福岡県
値段(1房)スーパー:600~1,000円程

※特売で400円前後

スーパー:400~600円程

※特売で200円前後

 

見た目

ピオーネと巨峰は同じ紫黒色をしているため、見た目が非常によく似ています。

 

どちらも大粒の実が特徴のぶどうですが、ピオーネの方が巨峰よりも若干大きく、見た目の違いとしては唯一挙げられる点といえるでしょう。

 

とはいえ、色もほぼ同じで、実の大きさも大差はないため、パッと見ただけで見分けるのは難しいといえます。

 

味・食感

巨峰はぶどうの王様と呼ばれるくらい、日本人に長年愛されてきた優れた食味を持っています。

 

実が締まっていて、食べ応えのある食感をしていますが、それ以上にしっかりとした実を持つのがピオーネで日持ちもよいといわれています。

 

また、どちらも香りがよく、多汁でジューシーですが巨峰は酸味が少ないので、ダイレクトに甘みを感じます。

ピオーネについても甘みは非常に強いのですが、酸味も適度にあるため、甘酸っぱいおいしさが特徴的です。

 

産地やその年の気候によって若干違いはあるものの、ピオーネも巨峰も8月下旬頃から9月下旬頃が最もおいしいとされている旬です。

 

どちらもハウス栽培されており、早いものは4月頃から出回り始め、露地栽培は8月に入ってから出始めます。

 

出回り期は4月から12月と長く、果物の中でも長期出荷されているのが特徴です。

この2品種は出回り期、旬ともにかぶっているため、店頭で並んで売られることも多く、食べ比べもしやすいでしょう。

 

産地

ピオーネを最も多く生産しているのは山梨県で全体の約45%も占めています。

そのあと、岡山県、長野県と続きます。

 

巨峰に関しても最も多く生産しているのは山梨県で全体の約55%と、ピオーネも巨峰もぶどうの生産量日本一である山梨県が首位になっています。

そのあと、長野県、福岡県と続きます。

 

値段

ピオーネはスーパーで1房あたり600円から1,000円程、特売で400円前後で売られています。

 

一方、巨峰はピオーネよりやや安く、1房あたり400円から600円程、特売で200円前後で売られています。

 

ピオーネが若干高い理由としては、巨峰よりも生産量が少ないこと、巨峰よりも大粒で果肉が締まっている(日持ちしやすい)ことが挙げられます。


スポンサーリンク

【まとめ】「ピオーネ」はぶどうの王様「巨峰」のおいしさを受け継ぎ進化した子品種

今回はピオーネと巨峰を比較しました。

ピオーネは長年、ぶどうの王様として日本人に親しまれている巨峰を親に持つ、有望品種です。

 

現在も日本のトップシェアを誇っているのは巨峰ですが、その巨峰よりも大きな粒と締まった実を持つピオーネの需要はこれから先も高まることが予想されます。

 

日本人に愛され続けているぶどうの王様「巨峰」とその優れた見た目、おいしさを受け継ぎ、パワーアップした「ピオーネ」。

 

夏の時期には並んで売られることも多いので、ぜひこれを機に、親子ぶどうのおいしさの違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

旬でおいしい果物を一番お得にゲットする方法!

せっかく果物を食べるのなら、

一番の旬の時期に名産地の美味しい果物を食べたい!

と思いますよね。  

 

そういう時には

ふるさと納税での人気ランキングの果物を購入する

のがおすすめです。

⇒ふるさと納税、果物の人気ランキングページへ  

 

ふるさと納税では各地方の自治体に寄付をするという名目で、その土地自慢の特産品をお得にゲットできる制度です。

(ふるさと納税の制度がよくわかってない人はこちらをご覧ください)

 

ふるさと納税では、自治体が選定基準を設けているので、その地方が自信を持っておすすめする果物がラインナップされています。

 

また、ふるさと納税の現在の人気ランキングを見ることによって、 今現在、最も旬で美味しい果物をゲットできる 可能性があります。

 

味も値段も素晴らしいので、ぜひ利用してみてください!

⇒ふるさと納税、果物の人気ランキングページへ  

 

<補足>

以前ふるさと納税は税金の還元率が高い非常にお得なものが存在していましたが、国が規制したことでそこまでお得な商品というのはなくなりました。

 

ただ、それでも税金が還付されるふるさと納税は普通に買うよりかは非常にお得です。

 

昨今で、もっともお得なふるさと納税のサイトは

楽天ふるさと納税

だと言われています。

⇒楽天ふるさと納税のサイトへ  

 

というのも、楽天のふるさと納税では

通常の楽天市場と同様に、ふるさと納税の購入で楽天ポイントがたまる

ので、

楽天市場のポイントアップのキャンペーンが使えます。  

 

楽天ポイントが5倍などになるキャンペーンや、最大15%になる楽天のポイントアップ制度を利用すれば、ものすごく楽天ポイントがたまって、お得に購入することが可能です。  

 

【楽天のふるさと納税でお得に購入する方法を解説している動画】  

 

今現在、ふるさと納税をするなら楽天のふるさと納税が一番お得なのでぜひ利用してみてくださいね。

⇒楽天ふるさと納税のサイトへ

 

【こちらの記事もよく読まれています】

⇒佐藤錦の相場や旬の時期・味の特徴を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です