アップルマンゴーと普通のマンゴーとの違いは何なのか


スポンサーリンク

今や日本の定番マンゴーとなった赤い見た目が特徴的なアップルマンゴー。

 

国内では本州のスーパーでも見かけるようになりました。

 

そんなアップルマンゴーですが、ひと昔前までメジャーだった普通のマンゴー(ペリカンマンゴー)との違いをご存じですか?

 

実は今でこそ国内定番マンゴーとなったアップルマンゴーですが、世界的にみるとマンゴーといえば黄色いマンゴーを思い浮かべる人が多いようです。

 

そこで今回はアップルマンゴーと普通の黄色いマンゴー(ペリカンマンゴー)の違いを徹底比較します。

 

見た目はもちろん、食感産地を比較、解説していきますので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。


スポンサーリンク

アップルマンゴーと普通のマンゴー(ペリカンマンゴー)の違いを項目別に比較

アップルマンゴーは実は品種名ではなく、アーウィン種のマンゴーを総称した呼び名です。

りんごのように赤く色づくことからアップルマンゴーと呼ばれています。

元々はメキシコから多く輸入されていたため別名「メキシカンマンゴー」とも呼ばれています。

 

そんなアップルマンゴーの比較対象として挙げているペリカンマンゴーは黄色いマンゴーとしてポピュラーな人気があります。

 

名前の由来は独特な形と色がペリカンのくちばしのように見えることからきています。

実はこちらも品種名ではなく、マンゴーの中のカラバオ種を指している総称です。

 

早速、2種のマンゴーの違いをみていきましょう。

 

アップルマンゴーペリカンマンゴー
見た目皮は赤く、果肉はオレンジ色。

熟せば熟すほど、皮は真っ赤に染まる。

熟した色が黄色で、果肉の色も黄色。

やや長細くうねっている。

味・食感濃い甘さが特徴。

果肉は非常に柔らかく、

多果汁でジューシー。

香りも強く芳醇

甘みと酸味のバランスがよい。

なめらかで柔らかい。

他種のマンゴーより淡白で香りも控えめ。

6月~7月3月~5月
産地国内…沖縄県、宮崎県、鹿児島県

世界…インド、タイ、メキシコ

世界…フィリピン、タイ
値段(お取り寄せ)1玉あたり500~2,800円程度1玉当たり350~1,300円程度

 

項目別に解説していきますね。

見た目

まず、この2種のマンゴーは圧倒的に見た目が違います。

アップルマンゴーはふくらみが大きく、熟すと赤くなります。

 

ペリカンマンゴーはやや長細くうねっており、ユニークな形をしています。

ペリカンマンゴーは熟した状態が黄色いため、アップルマンゴーのように部分的に赤くなることはなく、全体的に均一した黄色に染まります。

 

また、果肉の色も違い、アップルマンゴーは赤みの混じったオレンジ色、ペリカンマンゴーは皮よりも少し濃い黄色をしています。

味・食感

味、食感にも違いがあります。

 

濃厚な甘みを持つアップルマンゴーは香りも強く、多果汁でジューシーです。

見た目はもちろん、味や食感にも出やすいでしょう。

 

ペリカンマンゴーは甘みの中に、酸味もあり、バランスの良い食味をしています。

 

アップルマンゴーに比べれば味も香りも控え目で淡白に感じられますが、旬の時期のペリカンマンゴーは糖度が20度前後になるものもあり、決して甘みがないわけではありません。

 

ペリカンマンゴーは繊維質も少ないため、なめらかで柔らかい口当たりです。

アップルマンゴーの旬は6月から7月です。

熟せば熟すほど表面が赤く色づくため、旬を迎えているかどうかは見た目でも一目瞭然でわかります。

 

ペリカンマンゴーは主な産地であるフィリピン産の旬が3月から5月(乾季)で、この時期のペリカンマンゴーは最も甘みが強いといわれています。

 

アップルマンゴーもペリカンマンゴーも流通自体は1年中しているため、通年食べることができます。

産地

アップルマンゴーの国内の主な生産地は沖縄県、宮崎県、鹿児島県です。

 

アップルマンゴーは日本で栽培されているマンゴーの約9割を占めるため、定番の品種としてスーパーで見かけることも多いでしょう。

 

輸入品でいえば、インド、タイ、メキシコ産のアップルマンゴーが多く流通しています。

 

反対にペリカンマンゴーは国内ではほとんど生産されておらず、有名な産地もありません。

日本で流通しているもののほとんどが外国産で主にタイやフィリピンから輸入されています。

値段

アップルマンゴーとペリカンマンゴーを価格面で比べるとアップルマンゴーの方が高価になっています。

 

アップルマンゴーは国内でブランド品も多く作られているため、贈答用は1玉数万円を超えることもあります。

 

ペリカンマンゴーは外国から大量に輸入されているので、比較的安価で手に入れることができるでしょう。

アップルマンゴーとペリカンマンゴーを食べ比べするならネットでお取り寄せがおすすめ

アップルマンゴーとペリカンマンゴーを食べ比べしたい…そんな方にはネットでのお取り寄せをおすすめします。

 

この2品種がスーパーなどの店頭に同時に並ぶことはなかなかないため、手に取って購入することはかなり難しいんです。

 

ネットのお取り寄せであれば、同時期にアップルマンゴーとペリカンマンゴーを購入することができますし、産地や量も考慮しながら選ぶことができるため、おすすめです。


スポンサーリンク

【まとめ】異なる見た目をもつ2種のマンゴーを食べ比べで楽しもう

アップルマンゴーとペリカンマンゴーは同じマンゴーですが、見た目や味、旬、産地、高級度もまるで違います。

 

マンゴーに種類があることをご存じの方もまだまだ少なく、異なる2品種の食べ比べはとても新鮮で楽しいでしょう。

 

マンゴーは南国気分を味わうことができる極上のスイーツです。

 

これを機会にアップルマンゴーとペリカンマンゴーを食べ比べて、目で、舌で、その違いを確かめてください。

旬でおいしい果物を一番お得にゲットする方法!

せっかく果物を食べるのなら、

一番の旬の時期に名産地の美味しい果物を食べたい!

と思いますよね。  

 

そういう時には

ふるさと納税での人気ランキングの果物を購入する

のがおすすめです。

⇒ふるさと納税、果物の人気ランキングページへ  

 

ふるさと納税では各地方の自治体に寄付をするという名目で、その土地自慢の特産品をお得にゲットできる制度です。

(ふるさと納税の制度がよくわかってない人はこちらをご覧ください)

 

ふるさと納税では、自治体が選定基準を設けているので、その地方が自信を持っておすすめする果物がラインナップされています。

 

また、ふるさと納税の現在の人気ランキングを見ることによって、 今現在、最も旬で美味しい果物をゲットできる 可能性があります。

 

味も値段も素晴らしいので、ぜひ利用してみてください!

⇒ふるさと納税、果物の人気ランキングページへ  

 

<補足>

以前ふるさと納税は税金の還元率が高い非常にお得なものが存在していましたが、国が規制したことでそこまでお得な商品というのはなくなりました。

 

ただ、それでも税金が還付されるふるさと納税は普通に買うよりかは非常にお得です。

 

昨今で、もっともお得なふるさと納税のサイトは

楽天ふるさと納税

だと言われています。

⇒楽天ふるさと納税のサイトへ  

 

というのも、楽天のふるさと納税では

通常の楽天市場と同様に、ふるさと納税の購入で楽天ポイントがたまる

ので、

楽天市場のポイントアップのキャンペーンが使えます。  

 

楽天ポイントが5倍などになるキャンペーンや、最大15%になる楽天のポイントアップ制度を利用すれば、ものすごく楽天ポイントがたまって、お得に購入することが可能です。  

 

【楽天のふるさと納税でお得に購入する方法を解説している動画】  

 

今現在、ふるさと納税をするなら楽天のふるさと納税が一番お得なのでぜひ利用してみてくださいね。

⇒楽天ふるさと納税のサイトへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です